俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七夕や金銀スマホと戯れる児ら

作者 小西晴菜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「たなばたさま」の歌詞、幼稚園児には「お星様きらきら」はわかるけど、「砂子」は難しかったのか、替え歌になっていました。

最新の添削

「七夕や金銀スマホと戯れる児ら」の批評

回答者 ささゆみ

小西晴菜さんこんばんは。
とても、微笑ましい句ですね。小さい子はどうしても、聞きかじりで歌を歌ってしまいますよね。思わず、吹き出してしまいました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

七夕や金銀スマホとたはむるる

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

本当は鍵括弧使いたいですよね・・・「金銀スマホ」と戯れる・・・

ざれる(じゃれる)でもよいのですが、「児ら」を省略して「たわむれる」で良いのではないでしょうか?
「児ら」を入れたいのならば、上五は切らない方がよいかもしれません。
・七夕の金銀スマホと戯るる児ら

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

七夕や金銀砂子のごとき児ら

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。小西晴菜様、いつも勉強させていただいております。

御句、小さい子は思うようにしゃべれませんね、と言いたいところですが、この歌詞に限って言えば、金銀スナゴと言えなくても無理はない。意味がわからないと思いますので。大人だってわからない人多いですから。

ここでは、そんな舌たらずの園児達を可愛いと思っている晴菜さんの気持ちを尊重して、園児達を金銀砂子のようにキラキラ輝く大切なもの捉えてみました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

七夕や金銀スマホと戯れる児ら

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

はじめまして、添削失礼します。
初心者物ですが、句を拝見させて頂きました。
【七夕や金銀スマホとさめやらず】
ちょっとシンプルに致しました。

点数: 1

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

七夕の園児の合唱きんぎんスマホ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

小西さんの句風はとても好きです。いつもほっこりさせてもらえます。
もっと柔くするために以下の3点を変更してみた提案句
・七夕やでの切れがない方がいいかも(なんとなく)
・金銀スマホは最後に持ってきた方がいいかも(最後に音楽が流れる気分にならないか)
・「戯れる」とまでいう必要があったか。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の風発展場で間接的

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

五月雨の音を消しさり読者かな

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

冬の雁棹折れ曲がり伊吹越ゆ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七夕や金銀スマホと戯れる児ら』 作者: 小西晴菜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ