俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨晴れ間雅楽の音色にウトウト

作者 黒猫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日雅楽を聞きに行って、心地よさについウトウトしてしまいました。
「の音色」はいらないですかね???

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

梅雨晴のうとうとさせる雅楽かな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

御句の場合「音色」はいらないというか、省略した方がすっきりしますね。

音色について詠む場合は「音色」をつけた方がいいと思いますが、「うとうと」などは十七音に入らなくなりますね。
・梅雨晴や雅楽の音のすきとほり
こういう場合「雅楽がすきとほる」と表現するのは少しおかしいので。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

梅雨晴れ間雅楽流れて舟を漕ぎ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
黒猫様、いつも勉強させていただいております。

御句、おっしゃるように、ここでは「の音色」はなくてもいいかと思います。工夫して中七にしたほうが、やはりリズムがいいと思います。

提案句は、ゆったりした雅楽の「流れ」と「舟」を共鳴させたつもりです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒暁や煙突のけむシンと浮く

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

散る桜散らずあらなむ花びらよ

作者名 博充 回答数 : 8

投稿日時:

要望:厳しくしてください

この縁大事にしやう冬ひばり

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨晴れ間雅楽の音色にウトウト』 作者: 黒猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ