俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

黄雀風蒲焼かをり喉鼓

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅雨の蒸し暑い風にのってきた香ばしい蒲焼きの香りと土用の丑の日ポスターを見たとき思わず喉がなった時に詠んだ句です。

上句が字余りになってしまいました。

最新の添削

丑の日のポスター揺らす鰻の香

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつも勉強させていただいております。

御句、気になっていて、返信したいと思いながら考えがまとまらず時が経ってしまいました。
今日ようやく提案句がまとまりましたので置かせていただきます。
黄雀風が一つのキーワードだったと思いますが、名前としては出てこない形で失礼します。

…また鰻が食べたくなってきました…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「黄雀風蒲焼かをり喉鼓」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こーじゃくふーと長音が二つあるみたいに読めるので字余りは気になりません。

風に蒲焼きの香りで十分美味しそうなのに喉鼓までいっちゃうと興ざめしちゃいますかね。そのせいで中七がすんずまりですし。黄孔風と蒲焼きのの取り合わせも難しいかと。どっちも強烈なのでどっちもしにますね。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

三人でかまくら作るこぞの春

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

通帳の残高淋し吊忍

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

友の恋ともしき吾にも春よ来い

作者名 ぽもこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『黄雀風蒲焼かをり喉鼓』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ