俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かくれんぼ隠れつかれて春夕焼け

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ベタですよね。。。

最新の添削

かくれんぼ見つけてくれず春夕焼

回答者 なおじい

こんにちは。ダック様、いつも勉強させていただいております。

御句、確かにベタかもしれませんが、うまく隠れたつもりでも見つけてもらえない淋しさというのはよくわかります。だからわざと見つかるように動いたりして。

提案句は、原句の「かくれ」と「隠れ」の重なりが少し気になったのと、やはり、どうせベタなら、疲れより、見つけてもらえない淋しさを入れてみようかと思った次第です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

土用凪軸の幽女の髪さらり

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

仏花より赤いリーフだ菊の花

作者名 ゆきお 回答数 : 5

投稿日時:

ほほえみしお地蔵様や夏鴉

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かくれんぼ隠れつかれて春夕焼け』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ