俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く雲の名は何かしら山笑う

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

比喩・擬人化の要素のある季語は難しいですね
いつも俳句を考えながら、職場へ車を走らせるハオニーです

これはエイプリルフールに考えた句です
最初は「この発想は凡人の真ん中あたりだ」と思っていましたが...

最近は私の感覚が正しいのか疑っています
技術の良し悪しは分かるのですが、発想の良し悪しの判断は時々不安になるものです

最新の添削

「行く雲の名は何かしら山笑う」の批評

回答者 弥平

返事が遅れました。この方法で良いのでしょうか。
こんばんは、添削ありがとうございます。用語に誤りがありました。
卯の花が「名にし負ふ」のはウサギの動物的能力などで発揮される。
色や質感の類似で詠んだのは大変無理でした。
「賞でし」は「愛でし」と同じ読みです。
手直しします。『卯の花やオカラの美称誰が付けし』
「何か」の一句『夕日受け何かにぎやか赤椿』

点数: 0

添削のお礼として、弥平さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行く雲の名は何かしら山笑う」の批評

回答者 腹井壮

ハオニーさん、おはようございます。いつも御世話になります。発想と技術は裏表が信条の腹胃壮です。夏井センセなら「呟き俳句というジャンル」もあると言って評価して下さるのでは。凡人は春の俳句を詠んだ時に何かと動く物に「ゆっくりと」「のんびりと」形容したがるのですがその変わりに「行く雲の名は何かしら」とゆとりあるフレーズで同じ事を表現しようとしたのではないでしょうか。子供の頃に「鯨」や「河馬」に似ているだなんて雲を見て思っていた事を思い出しました。決して無難な路線ではないので結社や流派によって評価は別れるでしょうが私はいい句だと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「行く雲の名は何かしら山笑う」の批評

回答者 雪柳

ハオニー様こんばんは🌙😃❗誉めてくださってありがとうございます。とても嬉しいです。太極拳の映像が見えるようになりました。なるほどと思いました。有難うございました。これからもよろしくお願いします🙇⤵

点数: 1

添削のお礼として、雪柳さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

湖を泳ぎたるかな逆さ富士

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

木下闇峯薬師堂のかえるのめ

作者名 74 回答数 : 3

投稿日時:

ドップラー効果過ぎ行く明易よ

作者名 豆柴 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く雲の名は何かしら山笑う』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ