俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木漏れ日に二人を結ぶバルコニー

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

時代劇を観て句を作りました。

江戸時代、身分の違で両親から絶縁されてしまった男女の恋人!もう二度と会える事が出来ない中、彼氏が凧に二人の寄り添った絵を描き、毎日早朝同じ時刻に、彼女に見ても貰おうと期待と思いを願いながら上げる。
また彼女も窓から眺めている。

自分なりに考えた感じですが!やはり17音で納めるのは難しく、内容とは違った句になっていると思います。
ご指摘を是非お願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋の空二人を結ぶバルコニー

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
てつ様、いつも勉強させていただいております。

御句、コメントを読むまでは、避暑地の山荘で、若い二人が仲良く座っているような景を思い浮かべました。
それなら木漏れ日に、ではなく木漏れ日や、とかのほうがいいのではと思ってコメントを拝見。そしたら、なんだか江戸時代のお話が登場。面白い話です。で、この句はそれを現代に持ってきたのですか?

そうなると、この二人は別々のところにいて、お互い空を見上げている、ということになりますね?
それだと木漏れ日は似合いませんよ。視線の高さが違うと思います。ここは澄み切った高い空を表す季語を入れたいです。そこを二人とも見上げているわけです。そこで秋の季語ですが秋の空を持ってきました。夏の空でもいいですが、あまり雷や夕立は降らせたくないので…(笑)。
ご参考になれば幸甚です。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「木漏れ日に二人を結ぶバルコニー」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんばんは。「扇風機…」の句への批評ありがとうございます。
乳中切歯ですが、乳歯の前歯はなんと言うのか?と調べたことをそのまま用いました。今回は表現したいことと正式名称(今回は歯医者さんが使う言葉)は取り合わせが悪いこともあると学びました…俳句ならではの技法があることを念頭に考えるようにしたいものです。

御句、恋愛ドラマのようだと思いコメント見ましたら江戸時代の話!びっくりしました。
バルコニーが夏の季語なんですね。江戸時代にあるのか疑問です。明治…大正だとありそうですが詳しい建築の歴史は本題ではないですね。
凧が二人の理想の光景(結ばれる)で今も繋がり(気持ちの在り処)を感じるキーアイテムなら凧は句の中に登場させた方が良いのではないでしょうか?上手い表現がパッと出てきませんが…
夏の朝二人を結ぶ凧上げて、だと凡庸な雰囲気ですよね。難しいテーマなので自分なりに完成形に持って行けたら気分爽快になりそうですね。

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋空の下あおみかんと運動会

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

課題山積地下鉄カルタの是非

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

寒風と出れぬ布団が僕の敵

作者名 静岡のK 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木漏れ日に二人を結ぶバルコニー』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ