俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

誰ぞ知るやるかやらぬか夏祭

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この夏にとても大きなお祭りがあるのですが、このコロナ禍でやるかやらないかわからず困っています。

諸先輩へ、「誰ぞ知る」は文法的に正しいかと「夏祭」は季語として正しいか、教えてください。よろしくお願いします。

最新の添削

誰ぞ知るや祭支度の進まぬを

回答者 イサク

こんにちは。

俳句的ではなくて川柳的、という卓鐘様のコメントは言い得て妙ですね。

目の前にない季語を使っている句はしばしばあるのですが(例:芭蕉「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」)、この句ではあるかないかわからない未来のことを言っているので、季語としては弱くなるとは思います。
それを前提で詠むのであれば、ダメとは思いません。

「祭」はそれのみで夏の季語です。あえて夏を強調して「夏祭」とする理由があれば、「夏祭」でかまわないのではないかと。

いろいろ考えてみましたが、未来のことを詠むのはやはり難しいですね。実景に近づけた提案句を・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夏祭やるかやらぬか誰ぞ知る

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

僕も新参で先輩ではないですが。。。まずは質問に。
■文法
「ぞ」は係り結びで文末は連体形にしなくてはいけませんが、「知る」の連体形は「知る」なので文法誤りはないです。

季語
夏祭は季語ですね。「祭」といえば、いわゆる神社などで出店の出る「夏祭」をさしますが、あえて「夏祭」と言っても問題ないです。
ただ、この句「夏祭」が行われていないので季語としての臨場感はなくやや力は落ちていると思います。ただ、個人的には季節感はあるし連想は働くので許容範囲ではあると考えます。

■句の批評
句として、どちらかというと川柳の趣です。(俳句と川柳の明確な定義はないので、うまくその感覚を言語化できないのですが。)
提案句は、語順を変えてみました。リズムが良さそうなのと、先に夏祭を見せた方が少し鮮度が上がらないかなぁという些細な部分で。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月ピアスアシンメトリー付ける我の付け足し

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

秋雨や赤子の吐瀉を浴びた肩

作者名 栄耀栄華 回答数 : 1

投稿日時:

隻眼の龍も欲する月今宵

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『誰ぞ知るやるかやらぬか夏祭』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ