俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ぬくもりが身を震わせり梅雨の雷

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前回投句した『梅雨の雷泡くう猫や雲隠れ』を詠み直してみました。

最新の添削

愛猫の身を震わせり梅雨の雷

回答者 イサク

おはようございます。

覚えのないコメントとは、どのコメントのことを言っているかわかりませんが、私の覚えている範囲で卯筒様のコメントはすべて卯筒様のログに残っていますので、それが本当ならば「なりすまし」ではなく「ID乗っ取り」です。

閑話休題。

上五「ぬくもりが」に具体性がなく、句の受け手が疑問に思うので、「愛猫の」でよいかと。
それで一旦、推敲完了でよいのではないかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

欲望という名の戦車枯れ葉舞う

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

スカイブルー熊蜂優美に蜜を吸う

作者名 山田歳勝 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

獺祭やレジのソーシャルディスタンス

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ぬくもりが身を震わせり梅雨の雷』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ