俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紛糾す寄合壁を這う百足虫

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつ気づくかな?
ホラー映画みたいになってしまいました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

紛糾の寄合壁を這う百足虫

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

 おはようございます。いつもありがとうございます。僭越ながら。「紛糾す寄合」が一読少々混乱します。紛糾すのほうが臨場感があるのですが、意味が切れてしまうように感じられるので、「の」でまとめて、百足虫とはっきり対称させてみました。
 あるいは 寄合紛糾す壁を這う百足虫 の方がベターでしょうか。この辺判断が付きません。いやほんと、僭越です。失礼いたしました。

点数: 2

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

膠着する寄合壁を這う百足虫

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「ビニールの傘の下より見上ぐ梅雨」のコメントありがとうございました!梅雨の止めは本当にビギナーズラックで、字数に困ってそうした記憶があります。それがご指摘通り、うまく効いていた。。というのが本当のところ^^

さて、御句。寄合と百足虫の取り合わせがめちゃくちゃいいですね!
紛糾と這うでどちらも動きなので、寄合を静にしてみました。句跨りなので、字余り気にせず口語の連体形にも変えてみました。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

紛糾の寄合壁を這う百足虫

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

「紛糾す」が引っかかりました。「す」の働きで終止形っぽく読めますので、「寄合」という言葉へ上手く繋がっていないような。
映像は面白いと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「紛糾す寄合壁を這う百足虫」の批評

回答者 喜子

句の評価:
★★★★★

こんばんは~
私の句ですが・・・着替えではなくて「衣更え」です。
読み違えなさったようですよ!(*^-^*)

百足虫を登場させ、紛糾している光景、なるほどと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、喜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「紛糾す寄合壁を這う百足虫」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

イサク様
沙羅の花落ちる西風子です。
丁寧な添削をありがとうございました。
さっきまであったのに今はない、ほらここにあったのになあ、と言う余韻のある句はまだまだ詠めそうにありません。なお、精進します。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

「紛糾す寄合壁を這う百足虫」の批評

回答者 西風子

句の評価:
★★★★★

イサク様
いつも添削、ありがとうございます。十薬蔓延る西風子です。
確かに、ドクダミでない私がドクダミの身になって更に、私の感興を詠むのは無理筋なのかなと思います。下記にしてみましたが、、。この課題は取っておくことにします。
蔓延るや十薬の性裏の庭

点数: 0

添削のお礼として、西風子さんの俳句の感想を書いてください >>

百足虫には揉める寄合好都合

回答者 たきさん

句の評価:
★★★★★

蟷螂の句について教えていただきありがとうございます。俳句の奥の深さを知りました。読み手の想像力に訴えるということにつながっていくのですね。
百足虫の御句、寄合が紛糾して誰も百足虫に気付かなければ、百足虫は行動の自由も命も奪われることはない、こんなことを考えながら作ってみました。拙句ですが。

点数: 0

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

「紛糾す寄合壁を這う百足虫」の批評

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

イサクさん。こんにちは。ピアノの句にコメントありがとうございました。いやもうさえない現実は捨てさせていただきますよ。ピアノは弾けるふりして、俳句を保持したいと思います。めったに褒められることないんで・・。自己満足~。失礼いたしました。<(_ _)>

点数: 0

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

「紛糾す寄合壁を這う百足虫」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
煙の木の句への添削いただきありがとうございました。確かに!句意によってはカジュアル風にした方がスンナリしますね。なるほど!勉強します。
御句拝読させていただき、「今日はまた一段と白熱してるよなぁ〜」と、傍観している作者が浮かびました。余所見をして壁に何かいる!なんだ?ムカデだぁ〜!と、やはり最後の百足の着地がさすがと思いました。「す」の臨場感vs「の」の安定で悩まれたかと感じました。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

紛糾の寄合壁を這う百足

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは😊
二章仕立てで、情景がぱっと切り取られていて、面白いと思います。
ただ「紛糾す」だと、二章の切れ間が分かりにくく、「寄合壁」ってどんな壁?となってしまいませんか。
ここは、「の」のほうが良いと思います。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の月探査活動始めをり

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

何忘れたるかも忘れ星月夜

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

鰯雲背骨硬きや組み体操

作者名 感じ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紛糾す寄合壁を這う百足虫』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ