俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

尼寺や駆け込みし日の花菖蒲

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔、駆け込み寺と呼ばれていた尼寺の花菖蒲が満開でした。花に勇気づけられたりしたかと。

最新の添削

尼寺へ駆け込みし人や花菖蒲

回答者 よし造

いい句と思います。ただ、俳句は「我」を詠むものなので、作者が駆け込んだと取られないのでしょうか。どなたも違和感がなかったようなので、私だけの受け取り方かもしれませんが。提案句です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

尼寺に駆け込みし日や花菖蒲

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いいたします。清浄、かつドラマチックな素敵な句と思います。僭越ながら上記のように変化させて頂きました。尼寺と駆け込みし日は、一つのフレーズになるべきではないかと思いまして。しかし、花菖蒲に元気づけられるという句意は、薄れてしまうかもしれません。失礼いたしました。

点数: 1

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

尼寺へ駆け込みし日の花菖蒲

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

過去に馳せるという句意からは、上五を「や」で切るのは勿体ないと思うのは、ののか様と同意見です。

↑提案句が素直な詠みかと思いますが、もう少し別のバリエーションも考えられますね。

・尼寺やあの日と同じ花菖蒲
・尼寺やをんなの数の花菖蒲

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

色変える勿れや尼寺の花菖蒲

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。

切れ字「や」の是非については大体他の方と同意です。普通に「へ」とした方が素直で僕は好きです。
それよりも「駆け込みし日」というのが少し引っかかりました。ドラマを語り過ぎている感じがして…とはいえこの中七を変えると句意がかなり離れますね。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鍋向こう笑顔に冷めぬ沸かし酒

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

丑過ぎの独居の半額鰻かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

滝のマイナスイオンが煌めいてゐる

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『尼寺や駆け込みし日の花菖蒲』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ