俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

墨絵のよな鯉流れて梅雨出水

作者 卯筒  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅雨で氾濫しそうな川で鯉が泳いでいるのでは無くて流されていそうな様を見て詠んだ句です。

最新の添削

墨絵のごとき鯉流れて来梅雨の雷

回答者 イサク

こんばんは。

「墨絵のごとき鯉」という措辞は過去に無かったわけではありませんが、確かにインパクトがあるものです。
この句では、そのインパクトが生きないまま流されてしまってますね。
私の知っている句では「鯉が墨絵のごとく見える」ことが句の主軸になっているのですが、この句は「鯉が流される」ことが主軸で、「鯉が墨絵のように見える」ことにどんな意味があるのかがなかなか伝わってきません。

理由のひとつが「出水」で「流れる」と当たり前の繋がりをしてしまっていること。

あと六六五の破調のリズムが悪いですね。
この場合は上五を字余りにして、中七以降を整えた方が、リズムは良くなるかな・・・と思います。
↑提案句の「来」は「き」、「雷」は「らい」と読みます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

梅雨出水墨絵のやうな鯉流る

回答者 ののか

句の評価:
★★★★★

墨絵のような鯉!!素晴らしい措辞だと思います。墨絵のしっとりした情感と流されていく鯉のさり気なさ。なんて自然な表現でしょう。とても素敵です。僭越ながら、変化させてしまいましたが、この措辞は、浅学にして見たことがありません。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、ののかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

赤みおび満月輝き恐れ知る

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

民宿の自慢話や夏料理

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

向日葵や旅出の朝の雨雫

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『墨絵のよな鯉流れて梅雨出水』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ