俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薫風や小町通リの車夫の足袋

作者 大江深夜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

特になし。

最新の添削

車夫走る小町通りに風薫る

回答者 優子

大江深夜様
私なりに提案句を考えてみました💦私が元々俳句を始めたのは、発達障害の私に俳句の先生が、いろいろ教えてくれて例えば林檎の木初恋のように白い花等にいろいろ手直ししてくださって楽しかった事を思い出し、無料で出来る俳句添削道場に入れて頂いている次第でございます。ご容赦を🙏💦💦

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薫風や小町通リの車夫の足袋」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

はじめまして。こんにちは。
衣替えの句への添削いただきありがとうございました。なるほど!季語との響き合わせ方が足りなかったでしょうか。勉強いたします。
御句拝読させていただき、近くなので良く目にしている車夫さんたちを、このような視点で詠むのだなぁ〜と勉強になりました。足袋は、地下足袋で靴のようなものなので、季重なりは感じませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

薫風や小町通りの車夫の足

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

大江深夜さん、はじめまして、こんばんは😊
拙句「幾山河〜鰻」へのご批評ありがとうございました。
「幾山河越えさりゆかば寂しさの果てなむ国ぞ今日も旅ゆく」
という和歌と、「鰻」を合わせてみたのですが、ちょっと響かないかも… 「海中を行く鰻」は、自分でも好きな措辞でした。
さて、御句ですが、皆様から、きがさなりを指摘されていますが、私は、好きな句ですね。
季重なりを解消するために、単に「足」にしてみました。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「薫風や小町通リの車夫の足袋」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

大江さん、こんにちは。

許容できない季重なりとは、異なる季節をイメージさせる二物が一句の中に出てくる事にあると考えます。
御句で考えると、車夫にとって足袋というのは冬に限らず年中通しての装いかと。ですので「車夫の足袋」という五音に季節感は無く、季語薫風の句として読むのが自然であると。個人的にはそう思います。

内容としては、自然な詠みで出来ているかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「薫風や小町通リの車夫の足袋」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

大江深夜様
私のレベルが低いだけで、他の皆様(私の好きな句を詠む久田様)、イサク様、秋沙美様等レベルの高い方もいらっしゃいます。私は、恥ずかしながら、教えられるだけの人間です。本当に迷惑をおかけします🙏💦💦ただの報告になってしまい、申し訳ございません💦💦

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新作のルージュは果てて秋渇き

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 4

投稿日時:

鶯よ一つあげます喉飴を

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

初秋刀魚買ふと決めたる覚悟かな

作者名 おかえさき 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薫風や小町通リの車夫の足袋』 作者: 大江深夜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ