俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風薫る子らや裏路地朝八時

作者 卯筒  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

裏路地を吹き抜ける風と通学の子供たちの声が日常の朝の風景です。
そんな心地よい朝を詠んだ句です。

最新の添削

風薫る声して朝の通学路

回答者 イサク

おはようございます。

・「裏路地」の「裏」は要りますか?
・「子らや」の「ら」「や」は要りますか?
・「朝八時」は言い換えられるかどうか?
など、受け手に何を伝えたいか、わかりやすい言葉に言い換えることはできないか、など考えていくと、少し形が変わりそうです。
提案句、コメントから「声」をいただきます。季語の力で「朝」も削れると思うのですが、一旦入れておきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝寒に波跳弾す神割崎

作者名 74 回答数 : 6

投稿日時:

早朝の一声いずこ初烏

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

知らぬ地を馬に任せて道をゆく周りに咲く花色とりどりの

作者名 どらさん 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風薫る子らや裏路地朝八時』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ