俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あかときに蓮華音たて香りたて

作者 村山陽子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蓮華の音を聴きました「ぽん」とニ三なり花びらが一枚また一枚開き最後はバンとなり、華がひらきました。とても神秘的でした。

最新の添削

「あかときに蓮華音たて香りたて」の批評

回答者 優子

碧様
添削ありがとうございます。蓮華の音を聴くとは、貴重な体験ですね、本当に神秘的だと思います。私は孔雀が羽を広げたのを小諸懐古園で見た事があります。それもまた、貴重な体験でした。何か良い事が有りそうですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

あかときや蓮花はポンと音をたて

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この「蓮華」は「蓮の花」の方ですね?
「蓮華草(紫雲英)」との誤読がありますので、最近は「蓮華」表記は減っているように思います。誤読にお気を付けを・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

あかときにポンと開きし蓮の花

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

碧さん、こんにちは。

花が音を立てる、そんな馬鹿な…と思ってYouTubeで調べた所、本当に「ポンっ」と鳴って咲く映像がありビックリしました。勉強になります。

さて御句、光景は素敵なのですが「音」「香り」の畳み掛けが忙しいです。嗅覚情報は削っても問題ないかと。
削るといっても、句の中から完全に「香り」が消える訳ではありません。
蓮の花という季語から、読み手が匂いを想像してくれる事を信じて敢えて「香り」を書かない。これを夏井先生用語で「季語に託す」と言ったりしますね。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

父の日や家に残りし黒き箸

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

倒木を抱へしまゝに山眠る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

震災の地に朗々と愛は勝つ

作者名 慈雨 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あかときに蓮華音たて香りたて』 作者: 村山陽子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ