俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木々の間に弾む白靴登校児

作者 洋子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝登校する子供達の 弾んだ足元が家から 見えます

最新の添削

白靴を弾ませ行かん登校児

回答者 イサク

こんにちは。

・「木々の間に弾む白靴」と、誰が履いているかわからない状態から最後に「登校児」を持って来る形は嫌いではありません。
・「木々の間に」で森の中を進んで行くような描写ですが、「靴」が見えていますし、通学路のようですし、コメントに寄れば家から見ていますし、どのような状況なのでしょう?
・「登校する児童の白靴」が季語の「白靴」かどうか、ちょっと考えてみることも大事です(ダメというわけではありません)。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

おせち食い独り彼女の遺影見る

作者名 せきじゅん 回答数 : 0

投稿日時:

冬瓜の蔓の絡まり迷路かな

作者名 コウ 回答数 : 1

投稿日時:

ビニル傘の色なき影や風薫る

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木々の間に弾む白靴登校児』 作者: 洋子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ