俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

今は亡き祖母のトマトは熟れて落つ

作者 ぽもこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏に亡くなった祖母、世話する人がいなくなり熟れきって落ちてしまったトマト……という句です。晩夏のイメージですので、季節外れであることは私も承知しております。今回はそこには目を瞑って、以前よりご指摘を頂いている「伝えたいことと言葉の要素のバランス」についてご指摘・添削して頂けると幸いです。
ちょうど良いバランスを掴むこと、季語を活かすこと、本当に俳句は難しいですね……

最新の添削

亡き祖母のトマトのひとつ熟れて落つ

回答者 卓鐘

いい句ですね。祖母への思いもとても感じます。

今は亡きと「今は」とまで言う必要があるか。この3音で何かできないか。
また、祖母のトマトは、、落つだと、トマトの木全体と落ちたたくさんのトマトが想像されるので、アップにしたいと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「今は亡き祖母のトマトは熟れて落つ」の批評

回答者 はちこ

句の評価:
★★★★★

大丈夫ですよ。トマトの俳句として一句が成り立ってますよ。おばあさんが育ていたトマト。受け継いであげたらいかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、はちこさんの俳句の感想を書いてください >>

「今は亡き祖母のトマトは熟れて落つ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

例えれば、この句は「祖母」と「トマト」のふたつに集約されており、残りの語はそのふたつを引き立たせているということですね。
三つ以上あっても良句は作れるのですが、十七音に収めることが難しくなっていく、ということだと思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

水やりの足らずか祖母のトマト落つ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

ぽもこさん、こんにちは。

「今は亡き」が祖母に掛かっている言葉、
「熟れて落つ」がトマトに掛かっている言葉になります。
どちらも五音かけて描写されており、現状だと句の比重が祖母とトマトで半々になっています。
この形でも良い句はあるのですが、やはり季語を立たせるという意味でも、季語に比重を寄せて行った方が良いかと思います。

添削では祖母に掛かる語「今は亡き」を削り、その分をトマトの描写に当てました。祖母を軽くし、相対的にトマトの方へ比重を寄せるといった具合で。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

やがて落つ祖母が遺したトマト熟れ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★
★★

こんにちは。
ぽもこ様、いつも勉強させていただいております。
御句共感しました。その上で「今は亡き」を使わずに心情、情景を語るにはどうしたらいいか考えました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

血痕やソールの裏に蝸牛の殻

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

カルピスのただよつてゐる穀雨かな

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

鳥の巣や太陽の巣は銀河かな

作者名 弓削素直男 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『今は亡き祖母のトマトは熟れて落つ』 作者: ぽもこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ