俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

県またぐ移動も出来ず山法師

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日、街路樹に咲いていた花を"山法師"と確認しました。白い花水木と似ています。同じ科ですからね。
諸国を渡り歩く法師の姿も重ねて…

最新の添削

自粛下の県境に咲く山法師

回答者 秋沙美 洋

負乗さん、こんにちは。

「県またぐ移動も出来ず」に散文の匂いがしました。「県境もまたげず」ではダメでしょうか?
そして現状、上五中七に映像がないので、ここも具体的な景を出したく思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

山法師咲く県境越えられず

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

テーマをもった句なのでいちいち言う意味もないかもしれませんが、上五中七が完全に説明文ですね。
俳句として少し詩情に寄せてみました。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「県またぐ移動も出来ず山法師」の批評

回答者 はちこ

句の評価:
★★★★★

県を跨ぐ移動が出来ないのは本当につらいですね。はやく気兼ね無く往来出来る日が来るといいのですが。実体験から詠まれたとの事で、自分だけのオリジナルの一句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、はちこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

公魚の素肌に透くる水心

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

寒さ深く暖かさ願う立春

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

満月や駅の屋台で急ぐ蕎麦

作者名 マサト 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『県またぐ移動も出来ず山法師』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ