俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踏み脱いだタオルケット夏近し

作者 ひぐち  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寝てる間に踏みぬいだタオルケットを見て暑くなってきたなぁと感じた気持ちを表現しました。

最新の添削

足元のタオルケットや初夏の朝

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
(厳しくしてください、とありますのでちょっとだけツッコミます)

御句拝読しました。
・中七が六音しかなく字足らずです。
 「ふみぬいだ たおるけつと なつちかし」
・「踏み脱ぐ」というのは若干の方言を含むようです。「タオルケット」の語感と合わせるために、他の言葉を探してみてもいいかもしれません。要するに「朝起きたらタオルケットがかかっていなかった」ということですよね。
・「夏近し」は春の季語です。寝具にタオルケットを使っている時点で、もう「夏近し」ではないのではないでしょうか・・・??

句の受け手が想像で補ってくれるところも期待して、提案句を置いておきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

七五三母は白髪を染めてをり

作者名 鈴屋いるか 回答数 : 4

投稿日時:

露地植えのトマトは赤しにほひ濃し

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

吾の影を濃くも淡くも焚き火かな

作者名 幸福来々 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踏み脱いだタオルケット夏近し』 作者: ひぐち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ