俳句添削道場(投句と批評)

大泉洋二郎さんの添削投稿の古い順の6ページ目

はらはらと銀杏黄葉の能舞台

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 扇舞ふ銀杏黄葉の大舞台

大泉洋二郎です。
提案句を失礼します。

扇が舞うような銀杏黄葉だという風に解釈しますとありきたりですのでそうではないと解釈してみました。
大舞台は薪能をイメージしてみました。
はらはらで夜を感じてもらえますでしょうか。やはり無理でしょうね。
失礼しました。

点数: 1

凩や長良を古りし渡し守

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 凩や長良の古りし渡し守

大泉洋二郎です。
提案句を失礼します。

「の」「に」「を」の選択による景の違いの好き好きでしょうか。
「の」は渡し守(皺や年輪)にスポットで川の中にいるとは限らない
「に」は川に浮かんでいる全体の景でゆったり感
「を」は風の中を漕いでいる様子と音
になるかと思います。
私は「を」推しです。
失礼しました。

点数: 0

「扇舞ふ銀杏黄葉の大舞台」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 扇舞ふ銀杏黄葉の大舞台

大泉洋二郎です。
おはようございます。

私のコメントや提案句でご気分を害されたようですので心よりお詫び申し上げます。

残念ながら論理的に俳句を語れるほどの知見を持ち合わせておりません。
感想つまり私なりに感じて想ったことを述べさせていただきました。

それではいけないのだと学びました。
浅はかで不謹慎で大変失礼しました。

おくら様の御活躍をお祈りいたします。

点数: 1

「扇舞ふ銀杏黄葉の大舞台」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 扇舞ふ銀杏黄葉の大舞台

大泉洋二郎です。
私ごときにお言葉を賜り誠にありがとうございます。

一つ思うところがございます。
おくら様は御句を読み取れないのは読み取る側に句力が不足しているからだと言わんばかりの感じがします。

また他人の俳句に対しては御自身にストンと落ちない作品は駄句であるとのご認識と感じます。
俳句は読者のものであると私は思っております。
つまらぬ(失礼)前説抜きで十七音を感じる
ものと思っております。
詠み手の思いを離れて昇華される句もあるかとも思います。
絵画ではよくあることかと。

確かに俳句を論理的に作れない語れないかも知れませんが感じることは自由なのではないでしょうか。

私の作品を駄句と思われるように私がおくら様の作品を駄句だと思うことも自由なのではないでしょうか。

失礼ながらこれまでの御句で「これは!」と感じた句は一つもございません。

価値観は人それぞれです。
かの俳句甲子園ですら全て同じ色の旗があがることはごく稀です。

おくら様への最後のコメントとさせていただきます。
本当は俳句同様に出来るだけ短いコメントでお伝えしたかったのですが長文失礼いたしました。

点数: 1

「木々の色映す湖沼へ落葉風」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 木々の色映す湖沼へ落葉風

大泉洋二郎です。
月に変わってではございません。

添削ありがとうございます。
なお糠床の冬眠は架空ではございません。

お題:冬眠の練習句でございました。
またお願いいたします。

点数: 0

大泉洋二郎さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

寅さんやめでたいはずのお正月

回答数 : 0

投稿日時:

寅さんを四十九作寝正月

回答数 : 1

投稿日時:

卵酒まずいお弁当は卵焼き

回答数 : 1

投稿日時:

味付けは素材生かしてお節とす

回答数 : 4

投稿日時:

にぎやかな足跡たのし霜だたみ

回答数 : 2

投稿日時:

大泉洋二郎さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夕虹の消えゆくまでの大東京

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

夫思う活きの良し悪し秋刀魚焼く

作者名 石井 勝 回答数 : 1

投稿日時:

城下町にうち出でてれば磐梯の

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ