俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月明かり君の胸にも届いてる

作者 まき  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

例え君(好きな人)と離れていても、
一瞬見たあの月明かり(月光)は皆に平等に降り注いでいる、そう考えると離れていても近くに感じられる。そんな気持ちを込めてみました。
どうでしょうか…?伝わりますかね…?

最新の添削

「月明かり君の胸にも届いてる」の批評

回答者 なおじい

まきさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。先に慈雨さんがいいコメントなさっているので、ところどころ重複すると思いますがよろしくお願いします。

御句、まず、投句に添えられたコメントがしっかりしていていいと思います。一般的な句選は、こうしたコメントなどは原則としては添えられず、五七五の俳句そのものだけで勝負することになるのですが、ここは道場ですので、このようなコメントがメンバーの評価や添削のよりどころとなるのです。

御句については、「君の胸にも届いてる」という措辞をどのようにとらえるかがポイントですね。「届いているのかなぁ…」と自信なさげに読むか、「届いていることでしょう!私たちはつながっていますね、うれしい!」と読むか。
読み手の想像が広がりますが、もし、「離れていても近くに感じられる」という気持ちを強く出すのであれば、そのように詠むこともできると思いますよ。

・戦場の君にも届け月明かり
・船上の君の胸にも月明かり

勝手に「君」を兵士や船乗りにしてしまいました。ご容赦ください!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月明かり君の胸にも届いてる」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

まき様、はじめまして。読ませていただきました。
「月明かり」で秋の季語ですね。伝わります伝わります!
いいですねー。「届いてる」が「きっと届いてるはずだ」とも「届いてるかい?」とも、二通りに解釈できますね。想像が広がって良いなと思いました。

このままでも十分良いと思いますが、もしさらに上をめざすなら、俳句では自分の気持ちや推測は書かず、見た映像をそのまま書く(その先は読者に想像させる)ことで深みのある句になると言われています。

まきさんの句ですと、月明かりが「君」に届いているのは作者の推測なので、客観的事実だけを書くようにする感じです。例えばですが、
・月明かり見ているかいと独り言
・君からのメッセージ待つ月夜かな
など…まあ、参考程度に読んでいただけたら嬉しいです。

長々と失礼しました。またよろしくお願いします☆

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ぎゅうにゅうはぼくだけふたつさつきばれ

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

熱続く友への祈りクリスマス

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

寒さ深く立春の期待霧に映る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月明かり君の胸にも届いてる』 作者: まき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ