俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削最新の投稿順の3ページ目

「春しぐれ天の涙や潤う地」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 春しぐれ天の涙や潤う地

星勲さん、こんにちは。
御句拝読しました。
かぬまっこさんがいいコメントしてくださっています。

違うこと言わないと(笑)。

雨水は季語ですから、お使いになれば良かったのに。でもちょっと難しいかもですね。

私も雨が天の涙というのはくすぐったさがあり、また「潤う地」という措辞も窮屈な感じがします。
そこで、

・春しぐれ天の情けに地の恵み

またよろしくお願いします。

点数: 1

「始発待つひとり霞の無人駅」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 始発待つひとり霞の無人駅

つちや郷里さん、こんにちは。御句拝読しました。

いい句です!しかし、始発やひとり、下五の無人駅と類想が多そうですね。
あと私が少し気になりましたのは、「ひとり霞」のように読めることです。
しかし、下五の「無人駅」を開いて中七に移動し、「ひとり」をなくすと、何だか別の雰囲気になるような…。

・始発待つ無人の駅の霞かな

同じかな?改悪か?すみません、よろしくお願いします!

点数: 0

「美味そうな菱餅どれも同じ味」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 美味そうな菱餅どれも同じ味

ゆきおさん、こんにちは。
御句拝読しました。大変理屈っぽくて申し訳ないのですが、気になる点をお伝えします。
菱餅は色が違ったら違う味かもしれないと思っていたという前提条件を言わないと、例えばローソンの菱餅とファミマの菱餅がどれも同じ味、ということになってしまうかも。

その点で、あらちゃんさんのコメントおよびご提案句は秀逸です。こちらに一票です!

点数: 1

「吠えられる過ぎゆく空とライオンに」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 吠えられる過ぎゆく空とライオンに

うううるさん、こんにちは。
御句拝読しました。

思ったことを五七五で表すというのは素晴らしいことであり、俳句の原点のような気もします。

今の時代だから詠める俳句、固有のものを詠む俳句、どちらも画期的であると思います。

しかし、サッカーでは手を使ってはいけない、ラグビーでは前に投げてはいけないというように、物事にはルールというものがあり、それを守ってこその自由であると思います。

俳句では、私にとってのルールは、「読む人にわかってもらえること」。これが私の基本で、「何これ?さっぱりわからない!どういうこと?」なんていわれて、詳しく説明したあげく、「ふーん…で?」とか言われたら、私としては失敗です。
ただこれは人それぞれですので、あくまでも私の基準です。

私だけの基準ではない、全国共通のルールは、季語を入れることです。
御句には季語がないですね、俳句は季節感をとても大切にします。御句も、過ぎゆく空がどのような空であったか、それを入れるととても良くなると思います。
どうか、最低限のルールは考慮に入れて自由な発想を磨いてくださいますよう、よろしくお願いします。

点数: 1

「春時雨茶店は茶の香匂はせて」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 春時雨茶店は茶の香匂はせて

あらちゃんさん、こんにちは。御句拝読しました。

御句における「茶店」とは、山の峠とかにあって、旅人がお団子などを食べてひと休みするような店ではないですね?

商店街とかにあって、店頭で袋入りの煎茶とか、玄米茶とかを売っているお茶の葉の小売店のことですよね?
そうだと思って話を続けます。

香ばしい匂いがするのは、茶店というよりお茶屋さんだと思いますので、そのように詠んでみたいです。

・春しぐれ商店街に茶の香り
・香ばしき匂ひ茶屋より春時雨
・春時雨匂ふ茶の香の香ばしき

いずれにせよ、「茶」の文字は一回にした方が、重複感が解消されると思います。

点数: 2

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終電を余寒と共に見送れり

回答数 : 7

投稿日時:

旬の時季だけ開ける牡蠣専門店

回答数 : 15

投稿日時:

春立ちて行列延びるカレー店

回答数 : 23

投稿日時:

軒下の豆掃き終へて春立ちぬ

回答数 : 23

投稿日時:

一ゲームだけはセーター着てプレイ

回答数 : 28

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

旱雲船小さき見ゆ水平線

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

黄を纏い先祖見上ぐる彼岸花

作者名 Gin 回答数 : 1

投稿日時:

羅生門雨止み鳥の渡る闇

作者名 ハオニー 回答数 : 15

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ