俳句添削道場(投句と批評)

卯筒さんの添削最新の投稿順の2ページ目

「夕焼けにほのかに雨のにほひかな」の批評

回答者 卯筒

添削した俳句: 夕焼けにほのかに雨のにほひかな

竜子様、夏のほかの句のコメントありがとうございます。
実はコメントいただいた方はボツ句にした物を投句してしまった単純な投句ミスです
もしよろしければもう一つ投句した白熊と夏のほかの句のコメントもお願いできませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

「田の風を舐める二頭や夏の蝶」の批評

回答者 卯筒

添削した俳句: 田の風を舐める二頭や夏の蝶

こま爺様、夏のほかの句のコメントありがとうございます。
コメントいただいた方はボツ句にした物を投句してしまった単純な投句ミスです。
もう一つの白熊と夏のほかの句のコメントもよろしければいただけないでしょうか。

点数: 1

「浅い夏の空儚く舞い弾ける君映し出す玉」の批評

回答者 卯筒

添削した俳句: 浅い夏の空儚く舞い弾ける君映し出す玉

はじめまして。
いらない言葉を削ってみる事が大切ですね。
でもはじめてすぐはいらない言葉って何なのって自分は大きな壁になりました。
沢山句を詠み、沢山他の方の句を鑑賞するそして五七五を意識して、歳時記で色々と季語を知り学ぶと良いと思います。
色々な本で本で勉強することも良いですが、ここの先達の方々は本当に丁寧ですし、勉強になると思います。
俳句って楽しいですよ。
これからもよろしくお願いします。

点数: 0

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 卯筒

添削した俳句: 道端の水路すいすい田水張る

こま爺様、梅雨の雷の句のコメントありがとうございます。
提案句とても勉強になります。

御句は今にも水音が聞こえてきそうな句ですね。

点数: 1

「踊り子の爪先で立つ五月雨忌」の批評

回答者 卯筒

添削した俳句: 踊り子の爪先で立つ五月雨忌

あらちゃん様、梅雨の雷の句のコメントありがとうございます。
五月雨忌初めて知りました。

点数: 2

卯筒さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

晩夏光サブレの如きメスキータ

回答数 : 0

投稿日時:

学校橋の欄干朱夏へダイブ

回答数 : 4

投稿日時:

カシミールの母娘蕃椒を摘む夏

回答数 : 2

投稿日時:

令和六年松葉杖の夏旅

回答数 : 4

投稿日時:

松葉菊蟻の骸の傘となり

回答数 : 2

投稿日時:

卯筒さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

雪解けて松の水辺に天女舞う

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

姿見は微笑んでいる夏の宵

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

蛍火や君の横顔あーまいぞ

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ