俳句添削道場(投句と批評)
かぬまっこさんのランク: 師匠944段 合計点: 2,950

かぬまっこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

鶏頭やとさかの端を撫づる風

回答数 : 19

投稿日時:

目の前を轟く白き湯滝かな

回答数 : 18

投稿日時:

元旦や宮城道雄の春の海

回答数 : 13

投稿日時:

二の音の六つ続くや風生忌

回答数 : 11

投稿日時:

目隠しをほどきめざむる雛かな

回答数 : 21

投稿日時:

かぬまっこさんの添削

「風光る山やま山ぞ笑みこぼれ」の批評

添削した俳句: 風光る山やま山ぞ笑みこぼれ

こんにちは👋😃

風光る/山やま山ぞ/笑みこぼれ/

三段切れになっていますね。

こんなのは、どうでしょうか。

山々の笑みこぼるるや風光る

しかしながら、
季語「山笑う」
が言い表している情景ではないかと思います。

点数: 1

「春しぐれ天の涙や潤う地」の批評

添削した俳句: 春しぐれ天の涙や潤う地

こんにちは👋😃

春しぐれ/天の涙や/潤う地

三段切れになっていますね。
なので

春しぐれ天の涙に潤う地

とすれば、繋がります

しかしながら、
春しぐれ 涙 潤う
と 近い言葉が並んでいるように思います。
潤うと言わなくても季語の力で想像できるように思います。
また、雨を涙にたとえるのはちょっとベタかも知れません。
感じたことを言いました。
お気にさわりましたらごめんなさいね。

点数: 1

「古希まではどうか頼むとライラック」の批評

添削した俳句: 古希まではどうか頼むとライラック

こんにちは👋😃

ライラック古稀といはず白寿まで

点数: 2

「二月とは穴のあきたるコッペパン」の批評

添削した俳句: 二月とは穴のあきたるコッペパン

こんばんは😃🌃

革ジャンの右肩ばかり濡れて駅   げばげば

恋の俳句大賞 入選
🎉おめでとうございます🎉

点数: 1

「二月とは穴のあきたるコッペパン」の批評

添削した俳句: 二月とは穴のあきたるコッペパン

こんばんは😃🌃

革ジャンの右肩ばかり濡れて駅   げばげば

恋の俳句大賞 入選
🎉おめでとうございます🎉

点数: 1

かぬまっこさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ