俳句添削道場(投句と批評)
げばげばさんのランク: 師匠1721段 合計点: 5,280

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり

回答数 : 24

投稿日時:

花栗を抜けてクレーム客の庭

回答数 : 14

投稿日時:

鼻先へ雨粒ひとつ四葩坂

回答数 : 72

投稿日時:

蝶ふたつ風をやさしくする遊戯

回答数 : 14

投稿日時:

晩春や父の書棚の星の砂

回答数 : 64

投稿日時:

げばげばさんの添削

「天の川星の終はりを見てゐたか」の批評

添削した俳句: 天の川星の終はりを見てゐたか

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。中七下五にかなり詩があります。
星の終はりを見てゐたか
いいですねえ。

ここからは、添削の話ではありませんが、季語が星だと、中七と近すぎるので、星が星を見ていた、というのが惜しい気がするのです。自分ならこのパワーある詩のことばを生かし切りたい。動物や植物季語を選ぶと思います。

たとえば、夜のイメージなら

ひきがへる星の終はりを見てゐたか

悠久の時間や銀河の渦巻きのイメージから

かたつぶり星の終はりを見てゐたか

星の死をイメージした赤さと不穏さのイメージから

からすうり星の終はりを見てゐたか

こんな感じです。実景の話でなく季語取り合わせの斡旋の話をしてすいません。実際は天の川を見て思ったはずなのに脱線してしまいましたが、私がこんな素敵な十二音が浮かんだら、何を考えて句に詩にしていくかの過程のたとえば論でした。添削道場なのに改作論や斡旋論たいへん失礼しました。

点数: 1

「石蹴つて石がぽつんと夕焼けかな」の批評

添削した俳句: 石蹴つて石がぽつんと夕焼けかな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。詠みたい哀愁がひしひしと伝わってきました。かな、が効いてるか悩ましいです、この形なら、夕焼けて、と下五を切らずに余白で持っていく手もあります。

やはり中七切れがよいかなあ。クローズアップしてる石から一気に大きな夕焼けに景をズームアウトしたい。

石蹴れば石ぼつねんと大夕焼

点数: 2

「令和六年松葉杖の夏旅」の批評

添削した俳句: 令和六年松葉杖の夏旅

ご無沙汰してます!
ネプリなどで見かけて、ご健吟でなによりと拝見していました!
またよろしくお願いします🙇

点数: 2

「夕焼けや何か一品買つてくか」の批評

添削した俳句: 夕焼けや何か一品買つてくか

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます💫いろいろありがとうございます♪

みづ。そうですね、私は旧かなの人なので、みず、を、みづと表記しています。
掲句以外に、
蜜柑剥くこゝろはみづでできてゐる/げばげば
ピペットに立冬のみづ満ちゆきぬ/げばげば
死に水は頬へストーブがうがうと/げばげば

水は、ひかりとか心臓とか神とかかたちとかと同じでドラワードと言われていて、使うとそれっぽくできるけど安易に手を出すと、はいはい、ってなりやすいので、ここぞというときに使っています!

水とみづ、の表記については、水はより物質としての水、みづはモノというより概念としてのみづ、のときに開く感じです。考えてというよりは、読んで調べを確かめると同時に、縦書きで書いたときの句の雰囲気ややわらかさなど表記面が与える印象も、無意識に意識するようにしてます。

こんな質問とか交わし合うのがいいですよねー、なんでそうしたん?とかね😉

点数: 1

「道のべの藪に目立たぬ木槿かな」の批評

添削した俳句: 道のべの藪に目立たぬ木槿かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。木槿ってほんと大好きです。目立たずに咲くならなお奥ゆかしくていいですね、発見したらほんわりと気持ちがあがりますね。

竜子さん、大丈夫です。竜子さん、詐称と言ったことは全くありません。大丈夫です!

竜子さんは一切いってませんが、いつしか何故だか何処からかわからないけど詐称だというのが本当のような空気が流れていたので、詐称じゃないはずなのに何故なんだろうと思って口をはさんじゃいました、すいません。

そして、ヒッチさんのおっしゃる通りで、肩書きよりも入選よりも何より俳句は楽しい、日々が豊かになるものだという意見に大大賛成です。
わたしは確かにいろんなところに投句するタイプなので、入選みたいな感じがネットや俳誌に出たりしますが、評価は目標にしても目的にはしたくありません。あくまで楽しむためが一番です!だれかと比べたりするのが一番たのしくなくなる元ですからね。

たしかに自分一人用の句というよりは、自分の句を誰かと共有したいという気持ちはあります。なので、俳誌やXやnoteで感想をもらえるのは励みになりますけどね!

こちらにはいろんな形で俳句を楽しんでらっしゃる方がいっぱい。入選を目指す方、結社で磨かれる方、日々を日記のように切り取りたい方。
私もその楽しんでる仲間切磋琢磨の仲間でありたいなあと思います。いつまでもフラットにいられたらいいなあと思います。
俳句10年みな初心者。まだまだランドセルです。いろいろご意見いただけたらうれしいです!

点数: 4

げばげばさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ