FGO/フェイト二次創作リレー小説投稿サイト

真・女神転生ー救世主の物語ー

作者 初心者系メガテニスト 得点 : 0 投稿日時:


※この作品には、「真・女神転生」シリーズのネタバレがあります。ご注意してください。



 もう、東京は滅びてしまった。もう、あの頃には戻れない。
ミサイルにより東京は大破壊を喰らい、面影が無くなってしまうほど。それから何日か経つと、大洪水が起こり、殆どの建物が沈没した。壮麗で神々しさを感じさせられる建物であるカテドラルが水に囲まれて凛として見える。
 茶髪の少年はその光景を見て、絶望した。平和だったあの頃の東京と、優しかった母の事、違う道を歩んでしまった友の事を思い出した。涙が自然と溢れた。
隣に立っていた一人のパートナーである黒髪の少女が、悲しそうな表情を浮かべながらも、「さあ、行きましょう」と言う。茶髪の少年の後ろに立っていた白い猛獣が遠吠えをする。その遠吠えは水の中へと消え去った。
「ごめん、行こう」と少年は、その光景を後にし、力強く歩いた。その後ろには、後悔と懺悔が粘り強くくっついていた。

 大きな悲鳴がカテドラルに響いた。その悲鳴は茶髪の少年のものだった。近くには白い衣を纏った少年と悪魔を合体した少年が深紅の血を流しながら倒れていた。茶髪の少年は、謝罪の言葉を口にしながら震えていた。手には真っ赤な液体がついていた。黒髪の少女も座り込んで泣いていた。仲魔達は俯いた。この状況では何の力にもなれないと思ったからだろうか…。

 そんな少年達を世界を救った英雄として崇められていた頃であった。英雄は神によって殺された。
そして神はこう言った。「我を崇めよ この全知全能であり 並ぶ者さえいない 我を称えよ」と。
そしてこの世には、また殺戮の世が来てしまったのである。

作者コメント

どうも、作者です。
「女神転生」シリーズのファン様、ごめんなさい、書いてしまいました。
「真・女神転生」と「真・女神転生2」の間に何が起こったかを自分で考えてみた結果の作品です。
誤字、脱字を指摘してくださると嬉しいです。
ぜひ続きをお待ちしています!

追加設定(オリジナルキャラクターなど)

この作品の設定:「真・女神転生」終盤から「真・女神転生2」の始まりの間を妄想して作ったものです。
登場人物:『茶髪の少年(『主人公)』
『黒髪の少女(ヒロイン)』
『白い猛獣(ケルベロス)』
『白い衣を纏った少年(ロウヒーロー)』
『悪魔と合体した少年(カオスヒーロー)』
『神(唯一神)』
注意:本家様とは一切関係ありません。また、転載等をしないでください。

他の小説の第1話

誰かの心臓になれたなら

作者 ポメチー 総得点 : 1

投稿日時:

神様、もう一度だけあの夢の続きを見させて。

生きる体温をくれた指が解けて、形のない痛みに変わった。
生きる理由も生まれた意味も、こんなすっからかんな頭じゃわかりゃしないと気付かせてくれた友達は、
「"こんな世界&q... 続きを読む >>

文字数 : 1,154 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真・女神転生ー救世主の物語ーの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

FGO/フェイト二次創作リレー小説投稿サイトの使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ