キャラ文芸小説の創作相談掲示板

ミステリーのトリックの作り方。著作権が切れたシャーロック・ホームズなどから借用するのが正解? (No: 1)

スレ主 うっぴー 投稿日時:

実は、私もキャラ文芸のプロットを考えているのですが、教えて欲しいことがあります。ミステリートリックの作り方です。

著作権法によると、アイディアに著作権はなく、使い回しして良いことになっています。例えば、タイムマシンを出してもドラえもんのパクリにはならないし、異世界転生をしても聖戦士ダンバインのパクリにはなりません。

では、ミステリーのトリックや謎などは、名探偵コナンや金田一少年の事件簿から借用してきて良いのでしょうか?

実は、金田一少年の事件簿は、ミステリー文学賞で大賞を獲った作品のトリックをそのまま使って問題化したことがあるようです。

ミステリー小説の場合、トリックは作品の核となるものなので、著作権法ではアイディアの使い回しが許可されていたとしても、トリックをそのまま使うと、問題化する可能性があると言えます。

とはいえ、自分で一からミステリー要素を考えるのはまず無理なのですが、このあたりはどうしたら良いのでしょうか?

対策として、例えば、著作権が切れたシャーロック・ホームズからアイディアを借用し、現代風にアレンジするなどが考えられます。
このようなやり方が正解でしょうか?

カテゴリー: トリック・ミステリー要素

この質問に返信する!

人気回答!ミステリーのトリックの作り方。著作権が切れたシャーロック・ホームズなどから借用するのが正解?の返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 9 No: 1の返信

投稿日時:

著作権法の通り、基本的には問題ないと思います。
けど何故か批判を受ける場合がある。それは何故か。
端的に「芸がない」からでしょう。

芸人がパクリの芸をしたところでやはり芸がないので面白くない。
でも、ネタをパクることで笑いに繋げる芸人もいます。
パクること自体を芸としてる(パロディ・オマージュ)場合や、パクることで相手をイジる芸(批判・アンチテーゼ)など。

我々は創作家だから、文芸においてはすなわち文章に「芸」がなければ。
その芸を何のヒネリもなくそのまま使えば、そりゃ批判の的となりましょう。
そういう意味で言えば、著作権法による保護など問題ではなく、古い新しい問わず芸がなければパクリと批判されるのではないでしょうか。
古典的なアイディアだけど「凶器は氷」なんてトリックはあちこちで使われてると思うけど、その利用方法は様々ですよね。
単純に鋭い氷で刺し殺す、凶器を固定するために氷を使った、足場に大きな氷を用意して転落死させた、などなど。
「凶器は氷」というアイディアそれ自体はパクっても何も問題ないしパクリとは思われないと思う。

これってのは、「異世界転生が流行ってるから俺も転生モノを書こう」という似たようなものじゃないでしょうか。
有名な転生モノとそっくりそのまま同じ内容をすりゃ、どーみてもパクリで芸がないです。
転生モノではあるし雰囲気も似てるけど別アプローチで新しいことをしているのであればパクリではないのでは。

ホームズとワトソンがいれば、それは「シャーロック・ホームズ」シリーズだけど、彼らが推理しつつも戦闘したり冒険したりラノベテイストに書かれていたら、そりゃもう「ホームズをオマージュした別の何か」ではないでしょうか。
キャラだけでなく、問題にしてるアイディアも同じ話で、トリックのアイディアを真似ること自体は問題ないと思う。
でも、そのトリックの使い方まで真似てしまうと、これはもうパクリでしょう。

……だから、個人的な持論の話だけど、クリスティの「アクロイド殺し」みたいな「そのアイディアはそれ以外に使いみちがないよ」というオンリーワンなトリックは真似ればパクリになるので真似ようがない、と思ったりします。

文芸というからには、これは芸事です。
なら、そこに芸がなければただの猿真似だし、芸があれば、その芸が評価されるのだから問題ないと思います。

ミステリーのトリックの作り方。著作権が切れたシャーロック・ホームズなどから借用するのが正解?の返信の返信 (No: 3)

スレ主 うっぴー : 3 No: 2の返信

投稿日時:

サタンさん、返信ありがとうございます!
実は、現在、キャラ文芸勉強会を主催するなどしていて、キャラ文芸について研究しています。
トリックの作り方について、プロの作家さんたちと話す機会に恵まれたので、後で記事としてまとめてみたいと思います。

「芸がない」から問題化するというのは、作家さんたちも話していて、トリックは、謎、演出、解決の3つの要素からなっており、他人のアイディアを借用する場合は、そのうち2つを変えるようにすると良いそうです。

ミステリーのトリックの作り方。著作権が切れたシャーロック・ホームズなどから借用するのが正解?の返信 (No: 4)

投稿者 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして、うっぴーさん。最近推理小説を読み漁っている本です。
シャーロック・ホームズの名前があったので覗きにきました。

ホームズを現代風にアレンジして対策とのことですが、ベネディクト・カンバーバッチさん主演BBC版のシャーロックがあります。電報ではなくスマホやパソコン、馬車ではなくタクシー、現代のロンドンで事件が起きます。ワトスンくんが伝記作家ではなくブロガーです。もしもシャーロック・ホームズのことで現代風にアレンジするのであれば、参考に...。

トリックを考えるのであれば、シャーロック・ホームズだけではなく、いろんな推理作家を読むべきかと。特に海外の作家さんです。密室、叙述など...それぞれの先駆者が多いですし...。
あと、推理小説の読者はラノベより年齢が上だったり、舌の肥えた人たちがいたりしますので、著作権が切れていようといまいと「そのまま」でも「参考」でも、あの作家のトリックだ、じゃあ犯人は...と見抜かれるかもしれません。

借用するのであれば、キャラがホームズ好き、推理小説好き、等々の設定にするといいのでは? 「これはあの事件に似ている! 模倣だ!」とか言えそうですし。あと、犯人もそういう設定にするといいかも...。

トリックはそれぞれの先駆者がいらっしゃいます。いっぱい読んで探してみてはどうでしょうか。

長文失礼しました。参考になればいいですが...。

質問に返信する!

他の相談一覧

キャラ文芸とは何か?特徴、構造分析。ラノベ、一般文芸との違い。

投稿者 うっぴー 回答数 : 3

投稿日時:

キャラ文芸とは、ライトノベル的な極端な個性を持った主人公とヒロインをメインキャラクターとしながらも、文芸的な社会風刺、リアリティーの... 続きを読む >>

hello

投稿者 yanagi 回答数 : 0

投稿日時:

https://www.jun018.com 토토사이트 안전놀이터추천 https://www.junmajor0... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:ミステリーのトリックの作り方。著作権が切れたシャーロック・ホームズなどから借用するのが正解? 投稿者: うっぴー

実は、私もキャラ文芸のプロットを考えているのですが、教えて欲しいことがあります。ミステリーのトリックの作り方です。

著作権法によると、アイディアに著作権はなく、使い回しして良いことになっています。例えば、タイムマシンを出してもドラえもんのパクリにはならないし、異世界転生をしても聖戦士ダンバインのパクリにはなりません。

では、ミステリーのトリックや謎などは、名探偵コナンや金田一少年の事件簿から借用してきて良いのでしょうか?

実は、金田一少年の事件簿は、ミステリー文学賞で大賞を獲った作品のトリックをそのまま使って問題化したことがあるようです。

ミステリー小説の場合、トリックは作品の核となるものなので、著作権法ではアイディアの使い回しが許可されていたとしても、トリックをそのまま使うと、問題化する可能性があると言えます。

とはいえ、自分で一からミステリー要素を考えるのはまず無理なのですが、このあたりはどうしたら良いのでしょうか?

対策として、例えば、著作権が切れたシャーロック・ホームズからアイディアを借用し、現代風にアレンジするなどが考えられます。
このようなやり方が正解でしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

キャラ文芸小説の創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ