短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ

作者 夏目吉春  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

春に出会い夏に恋して秋を迎えた
一人ぼっちで夕焼け空を見ていると
小枝にとまったはぐれ鳥が、悲しく泣いている
きっと仲間とはぐれてしまったに違いない
私も分かれてしまった君の事が恋しくて仕方がない。

初めての添削投稿で右も左も分かりませんが
よろしくお願いします。

最新の添削

「きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ」の批評

回答者 青蓮

とても素敵なお歌と存じます。情景も目に浮かぶようですし、リズムもよいですね。
ひとつ気になるのは、「なく」を平仮名にされたのは、「泣く」と「鳴く」をかけられたのでしょうか。でしたら、このままで。特に意味がないようでしたら「鳴く」の方が情景がはっきりしてくるのかな・・・と。

点数: 2

添削のお礼として、青蓮さんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者名 河口亨 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

春なれど魔法の鏡眺めてはしくしく泣くの何故なのかしら

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

投稿日時:

今日限りならぬ夢限りの逢瀬もう少しだけもう少しだけ

作者名 冴えない人 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ』 作者: 夏目吉春
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ