短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

葉を落として、柿のみだけとなった風景が、年齢とともに出来ることが少なくなった来た自分と重なって。甘さがたまって、これから本領を発揮してくれとエールを送りました。

最新の添削

「裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり」の批評

回答者 よしはむ

鴨長迷さんの短歌を拝読しました。

発想が良くて、スゴイなと思いました!
この歌は、特に直すところはないように思います。
意味がわかりやすいですし、余韻もあります。
私としては、哀愁と希望が相乗効果となっている良い歌であると感じました。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 1

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ