俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

烏帽子岩わが名知らずに日焼けせり

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

サザンの歌で名前が有名?になっている烏帽子岩ですが、きっと自分の名前を知らないのだろうなぁ〜。擬人化に挑戦してみましたが、、、「わが名」が違ってるかと。

最新の添削

烏帽子岩てふ名を知らず日焼けせり

回答者 イサク

こんばんは。

単純に添削するとしたら中七を「己が名知らず」とすればいい気がしますが、問題はそこじゃなさそうですね・・・
烏帽子岩以外の部分「自分の名前を知らずに日焼けする」の意味のわからなさを、どう整えましょうか・・・

提案句は擬人化を諦めてしまいました。ごめんなさい。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

灼熱に晒され烏帽子岩の無言

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。

確認ですが、この句で日焼けしているのは「烏帽子岩」でいいのですよね?
となると、岩が日焼けをするのか?という腑に落ちなさが先立ちます。
仮に擬人化の観点から岩も日焼けをする物だと考えても、岩の日焼けに季語としての力はあるのか?という疑問が残ります。

もし上記の読みが誤りで日焼けしているのが詠み手自身だとしたら、語順に問題ありかと。
「日焼けして我が名存ぜぬ烏帽子岩」と、日焼けしているのが自分だと分かるような形なら、擬人化の句としてもまだ許容出来ないかなと思います。

また中七「我が名知らずに」ですが、これも作者がどのような感慨をこの中七に込めたいのかが疑問です。
もしかして、ここでいう「我が名」とは詠み手自身の名前ではなく「烏帽子岩」という名前の事だったりするのでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ねこじゃらし廃校の花壇に揺るる

作者名 鳥越暁 回答数 : 8

投稿日時:

鎌研ぎの音や禾すなはち登る

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

こっくりと頷くほおに梅ほのか

作者名 吉田一音 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『烏帽子岩わが名知らずに日焼けせり』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ