俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新緑の白骨の湯の光かな

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

白骨とは、"しらほね"と読み、長野県の温泉地です。深い山中にあり、湯は濃い白色で硫黄泉です。気持ちいいですよ😊

最新の添削

白骨の湯に新緑の光かな

回答者 イサク

こんばんは。

「白骨」の問題はありますが、ルビありの「しらほね」ならば勘違いしないので置いておくとします。

御句は下五の「光」へ説明的に集約していくので、語順と助詞に一工夫ほしいかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

新緑に光る白骨温泉よ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

負乗さん、こんにちは。

この句は読者への配慮に著しく欠けた句と思います。
知識として白骨温泉の名前は知っていたのですが、僕はこの句を読んだ時お湯に浮かぶ白骨死体を思い浮かべました。
白骨温泉を知らない人はなおさらそう思うでしょう。

固有の地名を用いるのは構わないと思います。大事なのは、読んだ人が「どんな場所なんだろう」と調べたくなるような内容にする事ではないかと。
現状ですと「白骨死体の句ね」で終わってしまう可能性が高いと思います。

ちなみに、俳句の世界では「温泉」と書いて「ゆ」と読ませる事もあるようです。原句でもこの字を当てれば一応解決します。
しかし個人的にこの当て字は好きではありません。だって無理があるから。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寂しさやみなの笑顔秋驟雨

作者名 なでしこ山田 回答数 : 1

投稿日時:

山の日や手枕越しのお国富士

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

川遊び子の川下で父が待つ

作者名 鉄道員 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新緑の白骨の湯の光かな』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ