俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春風のウィンドチャイムを撫でにけり

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

またもや春風で一句。
ウィンドチャイムという楽器を春風が揺らす様子を詠みました。

最新の添削

「春風のウィンドチャイムを撫でにけり」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。ご質問の件ですがこれは文法だけでなく俳句の慣用表現も関係してきます。俳句は17音でなりたつ詞ですので読者には隠された言葉を想像して読み取る暗黙の了解のような物があります。例えば
(私が)様々な事思ひ出す桜かな
霜の墓(を)抱き起こされし時をみたり

塩豆さんの句の場合は

春風の(吹く中)ウインドチャィムを撫でにけり

俳句は常に「yes」で進行して行く詞なので否定しない限りは春風と書いてあればすでに吹いていると解釈されます。そうするとこの句の場合主格がないためさらに

春風の(吹く中で人やその他の生き物が)ウインドチャィム(という楽器を)を撫でにけり

と隠された部分を読み取る人がいてもおかしくないのです。かなり拙い解説で申し訳ないのですがこれをきちんと解説できる人も少ないと思います。これは暗黙の了解というよりむしろ「忖度」に近い気がします。俳句というのはやたらと正しい日本語を要求するくせに急に俳句独自の文法や慣用表現を要求してくるので私もかなり戸惑った時期がありました。また「の」が切れ字だと言う人がいますが俳句というのは今まで学者が積み上げた研究を学術的な根拠なく平気で否定するのです。理系の私からすると理解に苦しみます。再度質問があれば私なりに回答致します。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春風のウィンドチャイムを撫でにけり」の批評

回答者 ハオニー

ウィンドチャイムなんていう楽器名、なかなか出てきませんね
音楽ゲームはそこそこしているけど、楽器の弾けないハオニーです(

この発想は上質ですね
春の風という目に見えないものを、聴覚情報と視角情報へ転換しようとしているのです
五感を働かせた表現とは、まさにこういうことなのです

ウィンドチャイムを撫でたのは何か?
という疑問が確かにありますね...
解釈は「春風」か「作者自身か」「春風でも作者でもない何者か」ですが、ここの読みに迷いを与えてしまうのはもったいないと思いました

これは「春風が撫でたに違いない」なんてしたら、詩的で面白いのです

春の風ウィンドチャイムを軽く撫でん

字余りの大好きなハオニーが余談を...
字余り、句またがりが怖くなくなってきたあたりが、バランスの取り方を見誤る危険な時期なのです
作句・添削のお上手な方は、おそらくこの時期をうまく乗り越えたかと思われます

塩豆様は定型に忠実な作句をなさっているのに、ハオニーは何を言ってるのか分からないことを言っているようです(

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風のウィンドチャイムを撫でにけり」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。切り取ったシーンはとてもいいと思います。この句の難点は二通りに読める事です。一つはコメントの通り。もう一つが「春風の中誰かがウインドチャィムという楽器を撫でた」。理由は助詞の「の」は「が」の代わりをするからです。コメントの通りに読み手に伝えるには例えば

春風の撫でるウインドチャィムかな

こうすると「の」でも「が」でも同じ伝わり方をします。名詞を句またがりにするのは難しいのか慣れればそうでもないのかわかりませんが参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

立春の鳩の啄む大豆かな

作者名 腹井壮 回答数 : 5

投稿日時:

顔知らぬ人の温みに年くるる

作者名 おかえさき 回答数 : 5

投稿日時:

夕焼けや下校急ぎの自転車

作者名 孫春艶 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春風のウィンドチャイムを撫でにけり』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ