俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

のどけきや昼蝶はただひらひらら

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

細い野の道に、蝶が小さく揺れながら、飛んでいた事を句にしてみました。狭山ヶ丘近辺の裏道には色とりどりの名も知らぬ花や、チュウーリップ等も綺麗に咲いていました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

昼の野の道にひらひら蝶の飛ぶ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

・たぶんどちらかをご存じないのだと思いますが、「のどけき」は季語「のどか」で、「蝶」も季語ですので季重なりです。
・「蝶の昼」という季語がありまして、草花に止まって羽をやすめている昼の蝶という意味です。「昼蝶」という単語を使うのは慎重に・・・
・ということで単語をごそっと変えてしまいたいので、コメントからいただいて提案句を置いておきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「のどけきや昼蝶はただひらひらら」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

たんたん様

コメントをありがとうございました。先にお伝えしておかなければいけないと思いまして・・・あの句の季語は「もぐら塚」でも「うずら」でもありません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蒼い風顔に実った紅ほっぺ

作者名 タルタルソース 回答数 : 3

投稿日時:

波の如くたなびく群れの五月鯉

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

陸田を黄金に染める春小麦

作者名 可愛川 蚯匍 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『のどけきや昼蝶はただひらひらら』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ