俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

最果ての凍てつく氷柱振り返る

作者 円平  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

極寒の地で走っていたら、建物の前に大きいつららがあったので足を止めました。

最新の添削

果ての地の大き氷柱や息を飲む

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

御句拝読しました。
・「最果ての」・・・私は北海道が好きなので「最果て」=「知床や稚内」と連想しますが、普通の感覚では、この単語は寒い場所ばかりではないですね。
・「凍てつく氷柱」・・・これで表現されているものは「凍っているつらら」です。季重なりの意味重なりで、「凍てつく」を外すべきです。
・「振り返る」・・・「振り返る」という単語自体にはあまり情報量はありません。なにをしている状況から、なぜ「振り返った」のか、句の中で感じさせないといけません。しかも御句の場合、「凍てつく氷柱」が「振り返った(擬人法)」という誤読の可能性もあります。
・「最果ての氷柱」・・・この語の並びで、意味がわかるでしょうか?

以上の点からの提案句が上の句です。
が、これでもまだかなり散文的なので、不要な情報を削っていく必要があります。感動したという自分の動作を入れる必要はないですね。「大きい」ということを具体的に表現すると少し良くなるかと・・・下の句はわざと「の」を多用しています。
・地の果ての背の丈ほどの氷柱かな

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

嵯峨野には無縁仏や春しぐれ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

夕映え乎萬の事物緋に染め

作者名 田平恒二*2 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ああでもないこうでもないの芋焼酎

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『最果ての凍てつく氷柱振り返る』 作者: 円平
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ