俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様おはようございます。いつも大変御世話になります。今回、いかにも自分の手に余る季語で一句詠んでみました。他にも
雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉
雁風呂に細き抜け毛の浮かびけり
雁供養育毛剤を買ひにけり
雁供養育毛剤の特売中
雁風呂や育毛剤の特売中
などがあります。

悩み所は雁風呂・雁供養と抜け毛の取り合わせの距離感が気になります。先人もこの季語には苦戦しているようで自分からみると付き過ぎだったりやや説明的な句が多いように感じました。自分なりにそこから車間距離を取ったつもりではあります。それでは皆様の御意見及び添削をお待ちしております。

最新の添削

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 美辞麗句

はじめまして
美辞麗句です( ˊᵕˋ* )

思わずクスッと笑ってしまうような
温かなコメントと
さりげないアドバイスありがとうございます😊

確かに!
春の海だと、そのまま海に突っ込むのか😵という感じに思えてしまいますね。
的確なアドバイスありがとうございます😊

そして
この句

まるでブルースを聴いているような印象を受けました。

上手くこの感嘆を言葉に出来なくてすみません。

この表現を学ぶことが
句を謳うことなんですね( ˊᵕˋ* )

点数: 1

添削のお礼として、美辞麗句さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 ハオニー

この発想、相当な「雁供養」となりえる句です
海辺で木片を拾い風呂を焚く...
そこに数多の細い抜け毛が浮かんでいる...
詩的です

この不要とも思える「浮かぶ」をあえて使うとは、かなり攻めましたね

説明的な「に」と、名詞を詠嘆するオーソドックスなところが気になりました
あえて文語「細し」という連体形を詠嘆すると言う手もありますし、やってみてもよさそうです

雁風呂を浮かぶ抜け毛の細き哉

多き、多さ、細き、細さ、いろいろ試して音読した結果、「細き」が私は気に入りました

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、コメントありがとうございました。
「初心者にやさしい 俳句の練習帳」神野沙希著の中に、”一句の途中に切れがない場合には、下五は名詞止めか動詞・形容詞の終止形で決めると着地が決まります。一句の最後に切れを作るわけです。”と書いてあったもので、こういう質問をしました。私自身は書いてあることをはっきり実感できているわけではありません。俳句に切れが重要だということは理解できるのですが、切れ字ばかり使うのも何か堅苦しい気もして。もっといろいろな句を勉強して、感覚的につかめるようにしないといけないと思っています。

点数: 2

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんおはようございます。
コメント添削ありがとうございます。
忙しい毎日を送っているのでしょうね!
背中を押してくれてありがとうございます。
応募してみようかなと思うのでよろしくお願いします。
毎日いいお天気が続いていますね。
今日退院できることになったので寄り道をしてお花見をして帰るつもりです。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、コメントありがとうございます。
やはりだめですか。俳句入門の本に、「誰のどこにある何」という構文で詠みましょうというのがあったので、その変形バージョンとして試みてみたのですが。たまたま今日は妻の誕生日で、花束を買ってみました。いつもはバラの花束にするのですが、花屋にバラがなくて、いろいろな花が入っていました。そこになぜか誕生日の花束にしては場違いな都忘れが入っていたんです。そのことがおかしくて俳句にしてみたわけですが、力不足でした。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、おはようございます。
ご指摘の通りに都忘れだけの花束になっていますね。私は思い込みが激しいようで、一本だけ都忘れが入っていたように読み取れると思い込んでいました。そこで、
 「都忘れ花束に一本はいっており」
というような感じで詠むべきだったのでしょうか?報告句のようになりますが。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、ありがとうございました。
腹胃壮さんほどの方を悩ませるあいまいな状況を提示してしまい申し訳ございません。「潜む」とか「紛れ込む」とかいう言葉が、まだまだ私にはすぐには浮かんできません。こういう言葉がたくさん出てこないと、俳句の幅が広がって行かないように思います。頑張ります。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

「雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、コメントありがとうございます。
伊予柑を向くときにジューシーなため皮から霧状の汁が飛んで、顔を近づけていると眼鏡にその汁が付いてしまいます。みかんを剥くときにへたから剥くと、うまく剥けると聞いたことがあります。それを参考に伊予柑でもへたから剥くと・・・。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

荷降ろせば玉解く芭蕉待ちにけりの訂正とお詫び

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

御先にととられて笑う花見酒

作者名 ごうざんぜ 回答数 : 2

投稿日時:

初春の発芽のタイムラプスかな

作者名 げばげば 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雁風呂に浮かぶ抜け毛の多さ哉』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ