俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひなまつりぼんぼり灯し幸祈る

作者 縁糸  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

無手勝手我流で和歌もどきを詠み出して一年あまりFacebookの歌グループ 和歌ML web連歌 インターネット連句に参加してきて 季語があまりわかってないで検索してたらこのサイトが よろしくお願いいたします🤲

最新の添削

ぼんぼりを灯し始まるひなまつり

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いいたします。

連歌をやられていたなら多少は理解できると思いますが、俳句は歌よりさらに音数の縛りが強いので、不要な語の省略をしていく必要があります。
御句、ひなまつりに「ぼんぼり灯し」は当たり前なので、中七がまるごと省略の候補です。
が、なぜわざわざひなまつりの句に「ぼんぼり灯す」を使うのか、という理由を別の目線から作ったのが例句になります。ご参考まで。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜜豆や母の友人退院す

作者名 ちゃあき 回答数 : 8

投稿日時:

風邪引きや香炉峰の雪いかなむ

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

庭の木々擦れる葉音や梅雨晴間

作者名 博充 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひなまつりぼんぼり灯し幸祈る』 作者: 縁糸
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ