俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆったりとオリーブ揺れて布団干す

作者 喜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

布団を干す場所のそばにオリーブの木が揺れています。
オリーブ咲くとか実は季語ですが、オリーブだけは季語になっていませんでしたので、つかいました。
「揺るる」の方がいいのか迷いましたが、揺れての方がのどかな空気感が出るかなと思いました。

最新の添削

オリーブの木揺るる日和布団干す

回答者 秋沙美 洋

喜子さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

良い風景ですね。オリーブの木が揺れる風景と布団が干される様子が上手くハマっていると思います。良い天気なんだろうなというのが、揺れるオリーブの向こうに見えますね。
個人的にはこのオリーブは「オリーブの木です!」と強く主張した方が得だと思います。
誤読回避という意味もあるのですが、実でも花でもない、オリーブの木が揺れているというその風景こそ、布団との相性が良いと思ったので。
以上を踏まえて添削句。

「オリーブの木揺るる日和布団干す」
としてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

オリーブの木ゆらり揺るる蒲団干す

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「桃の木」「栗の木」など木は季語にならない、というのと同じ使い方ですね。
この語の並びならば「揺れて」が良いと私も思います。

この句のままだと「実が揺れている」と誤読することがあるので、回避するとしたら「ゆったりと」を少し変えて、「オリーブの木」とするところです。これは誤読回避を優先するか、「オリーブ」は実でも花でもない!と主張を貫くかの違いだと思いますので、特にどちらが正解や間違いというわけではありません。その場合は提案句のようになりますかね・・・?

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆったりとオリーブ揺れて布団干す」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・・「鬼は外」の添削ありがとうございました。句意がはっきりした気がします。

御句・・・オリーブは身近に植えますし、冬も色が綺麗なので眼が行きますね。
「ゆ」が韻を踏んでますし、これいいかもしれません。ただ、中七と下五のつながりに少し違和感を感じます。添削でなく、どうでしょうという句です。
「ゆったりと揺るるオリーブ布団干す」

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初秋や三和土に小さき窪みあり

作者名 げばげば 回答数 : 18

投稿日時:

夜光虫ただ一面の妖しさよ

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

朝霧や温泉街の石畳

作者名 鈴屋いるか 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆったりとオリーブ揺れて布団干す』 作者: 喜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ