俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

犬釘でできた栓抜春の水

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語は後で考えなおします。

犬釘とは、鉄道のレールを枕木に固定する釘。
犬釘栓抜とは、それを栓抜として使えるように加工した銚子電鉄のグッズ。
銚子電鉄とは、濡れ煎餅で生計を立てている企業。

最新の添削

「犬釘でできた栓抜春の水」の批評

回答者 秋沙美 洋

根津さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

「○○で出来た××」がやや説明っぽいですね。
ちょこっとだけ変えます。

「犬釘は栓抜きと成り春の水」
としてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天や母に感謝の誕生日

作者名 なおじい 回答数 : 14

投稿日時:

寒空の見上げる先や己が夢

作者名 鴨長迷 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

秋うらら温泉の町角に足湯して

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『犬釘でできた栓抜春の水』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ