俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

キョロキョロと夜の都会の寒鴉

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2.3年前の冬の夜遅くに、スーパーに買い物に行った帰り道に一羽の烏が木に止まったり、道路に着地したりしてキョロキョロしていました。烏は昼間とか明るい時間帯しか見かけた事が無くおどろきました。
季語で寒鴉があり、あのカラスも夜遅くに畑でなく街中で、餌や新しい縄張りの場所を、寒い中一人きりで探していたのかな?と思うのと大変だなと感じた気持ちを句にしました。

最新の添削

「キョロキョロと夜の都会の寒鴉」の批評

回答者 秋沙美 洋

カイさん、こんにちは。
ご質問の件ですが、
助詞「に」と「を」は、一見すると似ているようでいて実は全く異なる働きをします。
どのような違いがあるのか…ここに書いてしまうと僕の指が疲れてしまいますので、代わりに夏井先生のYoutube動画を紹介します。
非常に分かりやすく助詞の解説をしており、僕が助詞大好きになったきっかけとなる一本です。
夏井先生のチャンネルには他にも参考になる動画は沢山あるのですが、中でも僕の一押しです。

助詞に悩む全ての人にこの動画を見て欲しいですね。
https://m.youtube.com/watch?v=V-8M2BLLow0&list=PL0d9bjRTkp1SrYOvgejOm_4vsLNsinSYI&index=1

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「キョロキョロと夜の都会の寒鴉」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

カイさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

パッと見て、助詞で損をしているパターンだなと思いました。
〜の〜の、という措辞があまりキレイじゃないですね。
語順も「夜の都会」とするより「都会の夜」と夜を後に持ってきた方が、夜に鴉がいて驚いたという句意に近付くかなと思います。
以上を踏まえて添削句。

キョロキョロと都会の夜を寒鴉
としてみました。いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

片割れは遠き空へと桜貝

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

ネギ焼きやドサリ一面数青数多

作者名 めい 回答数 : 0

投稿日時:

ばあちゃんの逝きし八月眼を瞑る

作者名 オマちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『キョロキョロと夜の都会の寒鴉』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ