俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菜花噛みアスパラ噛みて春を噛む

作者 佐久川秀樹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

御覧のように季語が三つあります。句意は歯の治療が済んで今まで食べれなかった野菜をたべれるようになった喜びを表したものです。食物(植物)はそれぞれ季語となっており夏や冬の食物がはいらないように気を付けました。私のような素人が季重なりの俳句を書くのはまだ百年早いと言われそうですがアドバイスをお願いします。

最新の添削

アスパラガス噛み菜花噛み春を噛む

回答者 一鷹

下五の「春を噛む」が素敵な詩になっていますね。
このおかげで、主役の季語は春だとわかりますから、(私は素人ですから)大丈夫とは言い切れませんけど、駄目ということはないと思います。

でも気になる点が3つ。
1.アスパラではなく、略さずに「アスパラガス」と書くようにした方がいいです。
2.菜花もアスパラガスも旬は晩春なので、「春の喜び」を表すには少し弱いかもしれません。早春の野菜や山菜でお好きなものがあれば、そちらの方がいいかもと思いました。
3.中七を「噛みて」にしたのは意図的にでしょうか、字数合わせでしょうか。「噛み」か「噛む」にしないと繰り返し効果が削がれてしまいます。

手直し案はアスパラを略さずに済むようにしてみました。

点数: 2

添削のお礼として、一鷹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

母の日や母を叱りし夢見たり

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

三日後にバイト面接秋惜しむ

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

さざ波の五線譜の上さえずれり

作者名 清水 澄子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菜花噛みアスパラ噛みて春を噛む』 作者: 佐久川秀樹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ