俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

良き母になる筈もなく年送る

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

良き母になれなかった私。せめて前の主人のお母さんを大切にして、あたり触りなく暮らして、全て娘の物になるはずだったものを、新しい奥さん(憎んでいる訳では無いが、ごめんなさい🙇)に全ては取られてしまわない様にしてあげることしか、娘にしてあげられない。私等が遺産相続について考えるなんてとんでもない話だが。でも私は働きが悪いのか?姉の元旦那様のお母さんの様に、子の為に1億円も到底貯められない。娘の為に何をしてあげられる?迷惑を少しでも掛けないようにするには?今さら。

最新の添削

その他の添削依頼

冬空やまた一人一人消え

作者名 友也 回答数 : 5

投稿日時:

窓の外騒がしく鳴くあぶらぜみ

作者名 川嶋 恭平 回答数 : 3

投稿日時:

歌垣の野辺に零るる天の川

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『良き母になる筈もなく年送る』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ