俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬夕焼色褪せ並ぶ守り札

作者 上市笑休  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年初にいただいたお神札が、神棚で色褪せながらも年末まで一家を守り続けてくれたことへの感謝と畏敬の気持ちを詠いたいと思いました。添削、コメント宜しくお願いします。

最新の添削

神棚の守り札褪せて冬夕焼

回答者 イサク

はじめまして。おはようございます。

感謝と畏敬の念ということで、美しく詠みたいというお気持ちは伝わります。

夕焼けと神札の色のコントラストを狙っておられるのでしょうか?
「色褪せ」「並ぶ」が説明になってしまっているので少し変えてみます。
最初に上五で「冬夕焼」と入ると、外で夕焼けを見ている情景が出てしまい、室内の御札に戻りにくいので、下五に置いてみます。句の主題が「守り札」なので・・・

いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

アルバムに軍服の祖父終戦忌

作者名 つちや郷里 回答数 : 6

投稿日時:

白球を置ひて野山の錦かな

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

行く春や水車をまわす水ぬるむ

作者名 竜子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬夕焼色褪せ並ぶ守り札』 作者: 上市笑休
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ