俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

起き上がる木の葉いっぱい吾子のしり

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帰る前に手を洗おう

俳句を勉強中の者です。他作して多捨されたいと思います。ご指摘いただけると励みになります。

最新の添削

尻いっぱい木の葉や吾子が立ち上がり

回答者 イサク

こんばんは。

この句は「爪」の句に似ていますね。語順を直したいと思います(他の方も言われていますが)。「起き上がる」では寝転んでいたことになりますので、「尻」を生かすには少し表現を変えた方がしっくりくるのではと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「起き上がる木の葉いっぱい吾子のしり」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

晴峯さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んーこれは読まれている光景は好きなのですが、語順でだいぶ損をしていると思います。
念の為確認ですが、起き上がっているのは吾子で、いっぱいなのは木の葉、という認識でいいんですよね??
現状の語順でそのまま読むと、木の葉が起き上がっている横で、子供の尻がズラっと並んでいる、そんな光景になってしまうと思います。
後は「尻」という語句ですが、ここは「お尻」とした方が、何となく可愛らしい感じが出ませんか。

「起き上がる子のお尻にも木の葉かな」
としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

歳時記をポケットにいざ冬の旅

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 2

投稿日時:

麦秋の一本道を牛曳かれ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼けの影絵に浮かぶ赤玉や

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『起き上がる木の葉いっぱい吾子のしり』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ