俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紬着て袖口よりの寒さかな

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大島紬をしつらえたので着てみたがやっぱり寒い。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紬着て袖口よりの寒さかな」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
大島紬、綺麗な絹布ですね☺️✨風情を感じます。白泥染め等の技法が有るのですね。落ち着いた物から少しきらびやかな物もあり、素敵ですね。私は残念ながら、あまり着物を着ないので、どれが何なのか?わかりませんが、長女は箏曲の講師をしておりますので、着物や浴衣を着る機会がとても多く自分で着付けも出来るので、詳しいかもしれません。今度姉にいろいろと教えてもらいたいと想います。優しい姉です、絶対に怒りません。私はちょっとした事でふてくされてしまうので、姉の爪の垢でも煎じて飲もうかと想います💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋澄むや音立てすすむ竹箒

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

風邪籠りとづけしくれしコッペパン

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

園庭でしゃがむ子ひとり秋の声

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紬着て袖口よりの寒さかな』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ