俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の宵マリアの花を持つ女性

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

電車内に、百合の花一本を大事そうに持っている女性が座っていました、なにか手書きの本を読みながら。
よし、これを詠もう。
ところが、百合は夏の季語ではないか。
どういうことかと調べたところ、
百合というのは聖母マリアのシンボルなので、クリスマスの季節にずらして生産しているのだとか。
なので、マリアの花とする事に。
音数を収めるために結構削ぎ落とされてしまったけど、削ぎ落とさない方がいいものってあったかしら

最新の添削

婦人持つ冬百合の花車窓暗し

回答者 イサク

こんばんは。
マグダラのマリア様が花を持って街角に立っている姿を思い浮かべてしまいました。これは「電車内」であることが全くわからないことと「マリア」と呼び捨てであること、もあると思います。
季節に外れた季語そのものを読むのは厳しいですね。冬の茄子とかトマトとか・・・「冬百合」と詠んでいる句を見つけましたので、それをお借りします。どちらにしても説明的でしょうか・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月明り波のかがやく由比ガ浜

作者名 佐渡 回答数 : 9

投稿日時:

里帰り呼ばれるあだ名の心地よさ

作者名 やさいのくき 回答数 : 2

投稿日時:

駐車場の雪を主任と掻いて朝

作者名 ヒュアー 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の宵マリアの花を持つ女性』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ