俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

決意の跡捜すあの日の舞う花に

作者 寺内貫太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所の高校で卒業式があり、ふらりとそこを通りかかったとき、
卒業生たちが桜の木の下で記念撮影をしていました。
そこの光景を見たときに、「そういえば、自分もあんな時代があって、将来を夢見て校門を出たな」って思い返し、そのときに心に誓っていた夢や決意を忘れ、日々流されるように生きている自分の心情を読んでみました。
生まれて初めて俳句を作ってみたのですが、果たしてこれでいいのかどうか、
まったく分からなかったので投句してみた次第です。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「決意の跡捜すあの日の舞う花に」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして
高校を卒業してからそれなりになるのに、近くの高校の卒業式へ行ったハオニーです

桜の花びらが舞う景色に、18歳のときの自分自身の決意を捜しているのですね

実際に見つかるかどうか分からないものを捜すと言い切るところを見ると、詩の基本は分かっていて、なおかつ詩をつくろうとする意志は十分あるように感じます

「決意」は感情のこもった強い言葉です
ならばこれはそのまま活かした方がいいでしょう

しかし「跡捜す」の部分が散漫になっているのです
捜すと言わなくても、探しているように思わせればいいのです
この音数を、どのような決意なのか表現するために用いればいいのです

一番簡単な方法は、字余りにしてでも「十八歳」と言ってしまうのです
十八歳の決意あの日を舞う花に
これだと、作者が十八歳の頃の決意を探しているように読めます

ここで、1音の違いを感じていただこうと思います
十八歳の決意この日を舞う花に
これだと、いま卒業したばかりの高校生の句かもしれないと想像出来るでしょう

俳句では、1音違うだけで意味もニュアンスも変えられます
この違いが分かるようになれば、俳句は一味違った楽しみかたが出来るようになるのです

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「決意の跡捜すあの日の舞う花に」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃季語は花ですね。なんか、ごちゃごちゃした感じがしますね。決意は強い言葉です。なので決意の象徴として青年と詠みました。また、俳句で花というと桜です。

🔷青年やあの日の校門の桜

随分、変わってしまいました。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初雪や寒波到来大わらわ

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

吾には吾の草には草の夏来る

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

皆様御迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした

作者名 伊勢史朗 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『決意の跡捜すあの日の舞う花に』 作者: 寺内貫太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ