俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

それはまだ恋とは呼ばず早生蜜柑

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たまたま職場の人に貰って。普段みかんは食べないのですが、たまに食べるとついつい二個三個いってしまいます。

最新の添削

「それはまだ恋とは呼ばず早生蜜柑」の批評

回答者 猫山竹

秋沙美 洋様 こんばんは、猫じゃらしの添削ありがとうございます✨嬉しいです。
実は、投句した少し後で、ん?「と」の場合は猫膨ら、より膨ら猫、じゃないか?と思っていたところです😆
推敲で色々悩みましたが、添削句、切れ字、良いですね、ありがとうございます✨
早生蜜柑はまだまだ恋にならないのですね。結び付けが良いです!
早生はあの甘酸っぱさがたまらなく好きですが、そろそろオレンジ色も濃く普通に甘味が強くなってきましたね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

警報出で雷鳴大地揺るがせし

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

つつがなきことの幸せ去年今年

作者名 かぬまっこ 回答数 : 16

投稿日時:

蝉しぐれ戦地の祖父のラブレター

作者名 白南風 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『それはまだ恋とは呼ばず早生蜜柑』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ