俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

そこここも山粧ひて誘へり

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そこここもやまよそおいていざなえり
やっと「山粧ふ」打ち込めたー。
今まで何度やっても「装う」にしかならなくて、まぁ、意味は通じるかな?と,そのまま挙げたらやっぱり、皆さんから指摘されました。
娘から教えてもらい、無い言葉を辞書に登録できるようになりました。
でも、まだまだ勉強不足は出てくると思いますので、ご指導よろしくお願いいたします。

最新の添削

「そこここも山粧ひて誘へり」の批評

回答者 かぬまっこ

またまた、失礼します。
私の気になった点を二つほど
「そこ」「ここ」は指事語で比較的近い場所を指さして示すような言葉です。なので「あちこち」とか「あちらこちら」の方が良いと思いました。
しかしながら、「俳句は理屈を嫌う」と夏井先生が番組でおっしゃっていました。
この句には理屈が感じられるように思うのです。
「山が粧って綺麗だから誘われる」みたいなね。
旦那さま山に誘われる様子を詠みたいのなら、そのワンシーンを映像化して季語「山粧」と取り合わせるとよいと思います。m(_ _)m

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「そこここも山粧ひて誘へり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
優しい娘さんですね。
「そこここも」ではなく「そこここに」又は「そこここの」の方が意味が通じるように思います。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木鐸は何を思ふて千葉笑ひ

作者名 めでかや 回答数 : 3

投稿日時:

紙婚や妻トトトンと捌く葱

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

南仏の色タイルごと葡萄パフェ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『そこここも山粧ひて誘へり』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ