俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋晴が遣わす刺客放屁虫

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

東北の田舎だけなんだとおもうんです、秋晴れの日というのはカメムシが大量に飛び交うのって。
特に近所に田畑があるとこうなります。

秋晴れにカメムシのイメージが結びつかないという話に、かなりのカルチャーショックを受けました。
推敲しましたが季重なりはそのまま。

最新の添削

放屁虫晴れ間を狙う刺客たり

回答者 イサク

こんばんは。

季重なりについては「放屁虫」が主役の句ですので、季語の力を信じて「放屁虫」を主役にしたまま「秋晴れ」という語(「秋」の一文字)にこだわらなければ完了と思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

河川敷花燦めくや夏の風

作者名 しゅうこう 回答数 : 1

投稿日時:

春寒し紅なき素顔写したる

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

頷きは聞こえてるふり日脚伸ぶ

作者名 宮武桜子 回答数 : 16

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋晴が遣わす刺客放屁虫』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ