俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いつぱいに注がれ新酒へ口運ぶ

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

試飲の会。

最新の添削

おっとっと新酒の升へ運ぶ口

回答者 いなだはまち

久田しげき さん
三重県あたりの新酒でしょうか?「おっとっと」という声が聞こえてきそうです。
新酒・今年酒・新走り、、日本人(私)は、ボジョレーより晩秋を感じますね。

「おっとっと新酒の升へ運ぶ口」

こんな詠みもあってもよいかと存じます。笑

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

今年酒溢るる口の運び方

回答者 ゆめこ

句の評価:
★★★★★

『に』『から』下五『へ運ぶ』の終わり方が散文的に思えます。一句に動詞がが2つもあるとごちゃっとしますし殊更そうですね。映像ははっきり見えました。新酒の香りがこちらまで漂ってくるようで、臨場感のある句かと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ゆめこさんの俳句の感想を書いてください >>

いっぱいの新酒注がれ心地良し

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
私も只今、千葉へバス旅行に来ていて、大吟醸、試飲致しました。千葉富津市、東山魁夷にちなんで、東魁(とうかい)という大吟醸を試飲致しました。とても軽くて飲みやすいお酒でした。でも私は大吟醸でなく、酒饅頭を買いました💦秋限定のお酒もニ種類程頂きました。お酒のある旅は、楽しいですね☺️🍂✨

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕端居ミシンの足は秘密基地

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

連なりて蜻蛉飛び交う秋津島

作者名 知世 回答数 : 6

投稿日時:

弟とビリヤードした暑い夏

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いつぱいに注がれ新酒へ口運ぶ』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ