俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

半袖の腕に冷んやり今朝の秋

作者 水越里絵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仕事に出かける前に感じたことを詠んでみました。

最新の添削

「半袖の腕に冷んやり今朝の秋」の批評

回答者 いなだはまち

水越里絵さま

確かに、朝晩は半そででは寒いくらいに感じますので、まさに実感ですね。

季語について、
〇半そで:季語にはなっていませんが、夏を思わせる言葉ですね。夏シャツ・白シャツなどは夏の季語になっています。
同じグループとして捉えてもよいかも知れません。
〇今朝の秋:これは立秋の朝のことになります。立秋は実は8月初旬になりますので、暑さは本番の時期になります。
各季節ごとに似たような季語がありますよ。

下五の季語(を含む言葉)は、歳時記を確認されご自身に寄り添ってくれるものを選ばれると良いかと存じます。
参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「半袖の腕に冷んやり今朝の秋」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

水越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

今朝は寒かったなー、というただそれだけの句なのですが、こうした何でもない日常を詠んでもいいんだっていうの、俳句の素晴らしい所だと思います。
「冷んやり」が少し直接的に感じたので別の言葉で寒さを表現出来ないかなと思いつつ…

半袖の腕に鳥肌今朝の秋

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れやブルートゥースの時代かな

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

弁財天見守る池の薄暑かな

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

静寂や蕾あまたの山桜

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『半袖の腕に冷んやり今朝の秋』 作者: 水越里絵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ